放射線部

最新デジタル画像診断装置の導入

NEW DIGITAL IMAGE DIAGNOSTIC SYSTEM

病気発見の手段として放射線を用いた検査を実施することは一般的で、医療機関で実施される最初の検査のひとつと位置付けられています。
現在、当院放射線部では、MRI検査・X線検査・CT検査・透視検査・骨密度検査・嚥下造影検査を行っています。
そのほとんどの機器には最新のデジタル画像診断装置を導入し、デジタルに加工された検査画像は正確かつ瞬時に医師のもとへ届けられ、病気の診断に用いられます。
過去の検査画像との比較も可能なので、病変の発見も容易です。
フィルムや薬品を使用しないので、環境にも優しい機器となっています。
今後も地域のみなさんに求められる検査を提供できるよう、サービス・治療技術の向上に努めていきます。

MRICT

主な診療設備

MEDICAL EQUIPMENT
  • 全身用MRI装置
  • 一般投影装置(デジタル画像X線システム、ポータブルX線撮影装置)
  • 透視投影装置(食道・胃透視、尿路造影検査、胆道系造影検査)
  • 全身用CT装置
  • 骨粗鬆症用検査(骨密度)