看護部

ご挨拶

GREETING
看護部長
加藤ひとみ

平成扇病院は平成28年4月、心と身の両面からアプローチする病院としてスタートしました。回復期リハビリテーション病棟、療養病棟、認知症ケア病棟、ストレスケア病棟を有しており、すべての病棟において多職種連携を大切にし、治療、リハビリ、在宅への支援を行っています。地域での役割や患者さんを中心に考え「心の声に耳を傾け寄り添う看護を提供します」という理念のもと日々看護を提供しています

これからの看護師は入院中から退院後の生活を見据えた看護が求められます。
看護部では看護師教育としてラダー別のe-ラーニングを導入し知識と技術を兼ね備えた看護師の育成に努めます。そして看護師一人ひとりがレベルアップすることで患者さんへ安心、安楽で、なにより優しい看護を提供していきたいと思っておます。

看護部では今後も新しい取り組みを考え患者さんをサポートすべく努力してまいります。

回復期病棟師長/岩原副部長 (写真:中央)
回復期病棟は、ADLの自立と在宅復帰(社会復帰)を目指すことが大きな役割です。 患者さんとご家族による、病状の受容や前向きな気持ちなどが回復に大きな影響を与えます。
看護師・介護士は24時間の生活場面において、患者さんとご家族の思い・悩み・不安を聞き取ること、またキャッチすることを心がけています。また、多職種と協力してチームアプローチすることが重要だと考えます。多職種が連携し、情報の共有に努め、質の高いケアを実践し、その人らしく安心した生活が出来るよう努めてまいりたいと思います。

療養病棟/石坂師長 (写真:左)
療養病棟は、急性期病院での治療後引き続き治療の必要がある方や、治療を必要とし、在宅復帰に向けリハビリが必要な方等、幅広い範囲の患者さまが対象となります。患者さん一人一人の個別性を尊重し、こころのこもった看護の提供を目標としています。
患者さん、ご家族との信頼関係を大切にしながら「ここで療養できて良かった」と、思って頂けるよう安全・安楽を基本とした病棟づくりを目指しています。

精神病棟/磯貝師長 (写真:右)
精神科病棟では統合失調症、双極性感情障害、うつ病、神経症、てんかん、アルコール依存症、認知症の患者さんを受け入れています。病棟では患者さんを中心に、年間を通じて様々な季節を感じられる行事やレクリェーションを行っています。また、作業療法や参加型の勉強会等を行い、患者さんの回復と自立に向けた援助を行っています。患者さんを尊重し、その人らしい生活が送れるように、こころに寄り添う看護を大切にしています。

看護部理念

PHILOSOPHY

心の声に耳を傾け、寄り添う看護を提供します

看護部基本方針

BASIC POLICY

1. 心の声に耳を傾け、人権を尊重し、やさしい看護を提供します。
2. 患者様を中心としたチーム医療を実践し、安心した社会生活がおくれるように地域との連携を密にします。
3. やさしさ、豊かな感性、広い視野をもった人材を育成し、科学的根拠に基づいた看護を提供します。

看護部教育理念

EDUCATION PHILOSOPHY

知識・技術・人間性を磨き看護専門職として高い倫理観のもと、身体・心・社会の全てに寄り添える職業人を目指す。

看護部教育目標

EDUCATION TARGET

1. 平成医療福祉グループの一員として責任ある行動がとれる。
2. 専門的知識をもち科学的根拠に基づいた看護が実践できる。
3. やさしく、親切な接遇に責任をもち心を癒す看護が実践できる。
4. 患者を総合的にとらえ人と人、人と社会との繋がりを大切にした看護が実践できる。
5. コミュニケーションスキルを身につけ患者・家族・医療チームでの人間関係調整能力が発揮できる。