検査部

臨床検査技師の役割

ROLE OF THE MEDICAL TECHNOLOGIST

病気で医師の診察を受ける際や健康診断などで、血液や尿を採取したり、心電図や肺活量を調べますが、そういった患者さんから採取されたものを分析したり、体に電極をつけるなどして生体情報を調べることを臨床検査といいます。臨床検査は病気の診断と治療のための除法を得るのにかかせません。
こういった臨床検査を正確かつ迅速に実施し、患者さんの診断や治療に寄与するのが臨床検査技師の役割です。私たち臨床検査技師は患者さんが安心して検査を受けられるよう「優しく丁寧」をモットーに、質の高い医療を提供できるよう技術の向上に努めています。

検査部イメージ

主な検査

TYPE OF EXAMINATION
  • 血球検査、血液生化学検査、動脈血ガス分析
  • 感染症の迅速検査(当日に結果がわかります)
    インフルエンザウイルス(鼻・咽頭)、皮膚真菌(水虫)
  • 糖尿病の迅速検査(30分程度で完了)
    血糖・HbA1c
  • 緊急採血・検尿検査(1時間以内で完了)
  • 検尿検査
  • 各種生理機能検査
    心電図、脳波検査、超音波検査(心臓・頚動脈・甲状腺・腹部下肢血管・乳腺)
  • 薬物乱用スクリーニング

医療設備

MEDICAL FACILITIES

当院では以下のような医療設備を揃え、質の高い医療を目指しています。

X線装置
一般撮影装置
エックス線を用いて胸部や骨などの写真を撮影します。画像診断の基本となる重要な検査です。
ポータブルX線装置
患者さんの病室等に移動式ポータブルX線装置を持ち込んでX線撮影します。
CTスキャン
X線を使用して、身体の断面(輪切り)を撮影する検査です。当院ではマルチスライスCT(16列)を導入しており従来の装置に比べ高画質でありながら、被爆低減、検査時間の短縮が可能です。
モニタリング機器
呼吸心拍・心電図・体温・SPO2同時モニタリング装置
バイタルサインをモニタリングする装置で、心電図・心拍数、血圧、体温といったバイタルサインをモニタリングし(=継続的に測定・記録し)、患者さんの状態が異常になったときにはアラーム音などで知らせます。
生理機能検査機器
自動心電計
心臓の電気的な活動の様子をグラフの形に記録することで、心疾患の診断と治療に役立てるものです。
脳波計
頭部に電極を装着して脳の電気活動を記録するための機器です。てんかんの診断、脳炎や脳症による脳障害の有無をみるためにも使います。
人工呼吸器
何らかの原因で体内に充分に酸素が取り込めない、また自力で呼吸することが難しくなった際に、換気を人工的に代行する機械です。
電子内視鏡
コープの先端に超小型CCDカメラを搭載し、胃の様子をモニター画面に写し出す医療機器です。最新のデジタル信号処理により、鮮明な画像で正確な画像診断が行えます。
血液生化学検査機器
生化学自動分析器
血液中に含まれている様々な成分を分析して病気の診断、治療の判定などに利用します。
血液ガス分析装置
血液中に含まれる酸素や二酸化炭素の量、あるいは pH を測定する検査。通常は動脈血を測定するものです。
MRI
磁力と電波の力を利用して、体内の断面像をあらゆる方向から思いのままに、全身を診ることが出来る装置です。わずかな病変も見逃さない鮮明な画像は腫瘍等の早期発見や脳ドックに威力を発揮します。