鑑別診断について

鑑別診断

DIFFERENTAL DIAGNOSIS

気分障害や人格障害において統合失調症に似た症状がみられるほか、身体疾患の一部に精神症状を引き起こすものもあります。
薬物の使用によっても類似の症状が生じるため、これらの症状との鑑別診断は不可欠です。
また、腫瘍、ウイルス性脳炎、側頭葉てんかん、せん妄、甲状腺疾患などの身体疾患から統合失調症に似た精神症状が現れることがあります。
これらの身体疾患は脳画像検査や髄液検査などを行うことで明確に診断することができます。

平成扇病院では、診察と各種検査の結果から専門医による鑑別診断を行います。
診察時は患者さんの日頃の生活のご様子をお聞きしますので、一緒に生活されているご家族や、状況をよくご存知の方のご同伴をお願いいたします。