回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟では、脳梗塞や脳出血などの脳血管疾患、骨折を中心とした運動器疾患に対するリハビリテーションを中心に実施しております。私たちは日常生活の中で「ご自分で出来ることを(食事・洗面・排泄・入浴など)ご自分で行う」ことこそ、一番のリハビリテーションにつながると考え、多職種参画の医療を推進し、チームアプローチの実践を徹底しています。

病棟の特徴

FEATUES OF THE WARD

 積極的なリハビリテーション

明るく快適な空間のもと、365日状態に応じてリハビリの提供を実施しています。総合リハビリテーション医療を推進します。早期の在宅復帰を目標に、質の高いリハビリテーションを提供し、機能回復とともに、ADLの改善、生活再建を図ることで「人間回復」を目指しています。

 チーム医療の徹底

精神科医療におけるチーム医療とは、主として精神科医・看護師・精神保健福祉士・心理士・作業療法士などの専門多職種スタッフにより構成されます。必要に応じ薬剤師・栄養士なども加わり、患者さんを中心により良い治療・援助を提供しています。

 プライバシーを重視した 入院生活

患者さんの療養生活の充実とプライバシーの保護を積極的に推進しております。

 医師からの頻回な病状説明

患者さん・ご家族が安心してリハビリできるよう、医師からの定期的な説明はもちろん、必要に応じて現在の状態を患者さん・ご家族に説明を行ってしております。内科的治療やリハビリ状況など今後の事について一緒に考えていきます。

 安心できる退院支援

入院時や退院時はもちろん、頻回なカンファレンスを開催し情報交換を行います。カンファレンスにはご家族やケアマネジャー、関係施設職員なども含め参加を調整させていただいております。