基本理念

基本方針

BASIC POLICY
  • 私たちは医療のプロフェッショナルとして各人が基本に忠実に業務を行い、かつ多職種が連携してチーム医療を実践します。
  • 私たちは実践する医療について日々邁進し、自ら得た情報を発信し、パーソンセンタードケアにつなげます。
  • 私たちは命と健康を守る医療人として社会にも貢献します。

治療方針

TREATMENT POLICY
  • 最新の医療と最善の努力により疾病を積極的に治療します。
  • 専門外の治療は専門機関に紹介します。また、他の医療機関にセカンドオピニオンを求めることができます。
  • 生活の質を改善し、自立支援を助けるリハビリテーションを行ないます。
  • 苦痛を伴う治療検査などは本人・家族に十分説明し、その上で患者さんご自身の意思で選択する事を尊重します。
  • ターミナル医療については本人や家族の希望を尊重します。

臨床倫理方針

CLINICAL ETHICS POLICY
  • 最新の医療情報に基づき、最善を尽くした治療を行います。
  • インフォームド・コンセントを行い、信頼関係を築くことに努めます。
  • 自立支援を行い、QOLを高めるリハビリテーションを行います。
  • セカンド・オピニオンの要求には快く応じます。
  • 侵襲や苦痛を伴う検査、処置は治療効果の期待できる場合に限定します。
  • 終末期医療については、ご本人の意思やご家族の希望を尊重し、過剰な延命処置は行いません。

職業倫理方針

PROFESSIONAL ETHICS POLICY
  • 医療を受けるすべての人に対して愛情を持って、平等に医療を提供する。(博愛精神)
  • 生涯学習の精神を持ち、医療の知識と技術の習得に努める。
  • 守秘義務を遵守する。
  • 職員は互いに尊敬し、協力して医療に尽くす。